Skip to content

田舎は塾なしで一流大学へ行く子供が多い

一流大学へ進学することができるようになるためには、塾へ通わせたり予備校へ通わせたりと、お金をかけることで必要な知識を詰め込むことができると思われていたりします。たしかに、塾や予備校は受験対策への知識が豊富に揃っているところでして、親が求める一流大学へ進学するための予備知識を詰め込んでいくのには、一般的に知られている方法となります。

しかし、どこの家庭でもそのようなお金を用意できるわけではありません。塾も毎月1万円前後かかってきますし、予備校に通うのであれば数十万円を授業料に入れなければならないところが多いのです。そのようなお金を用意できない家庭で過ごす親は、子供に一流大学へ進学してほしいと願ってもお金がないからできなくてしぶしぶあきらめてしまうこともあります。

子供もがんばりたいと思っていても、日本の教育というものにはお金がかかってくるものが多く、少ない金銭で生活する家庭では大きな負担となります。確かに一般的な考えでは塾や予備校へ通って勉強して受験対策に望むことは唯一の方法だと思われがちですが、実はデータでは塾なしでも一流大学へ進学できた人は、意外と多く存在しているのです。

とくに都会から離れた田舎では、塾や予備校は本当に少なく、学校以外での勉強はもっぱら自宅で学習する人が多くいるのです。実際に自宅で学習していた人は塾なしで勉強していたほうが効率よく勉強することができたという発言をしていることもあります。

その理由としては、勉強するために必要なリフレッシュできる環境でもあること、特に緑が多い場所では心理学的に勉強のしやすさがアップするとも言われています。しかも都会と比べてゲームやショッピングなどのような誘惑されるようなものが少ないため、それも集中しやすい理由とも言われています。実は田舎では塾なしで勉強して進学する人が多く、しかも国公立大学を選んで受験する人も多いのです。

その理由は、田舎でクラス多くの人が言うには「授業料金が私立大学と比べて安いから」ということでして、そのためにはしっかりと自宅で勉強することに集中していくのです。わからない問題があれば先生に聞きにいったりもしながら、しかも今ではインターネットでの環境が整ってきていることもありまして、動画を見ながら勉強できるサイトも増えてきていますし、わからない問題があればすぐに検索して自分で調べることもできるようになっています。

Comments are Closed on this Post