Skip to content

昔は一流大学から一流企業へ入社できました

“今の大学生が生まれたころ、バブル景気でしたので学生の就職活動は超売り手市場であり、企業側が学生を確保するために苦労をしていました。しかしながらバブル崩壊以降は長引く不景気で、就職難の時代が長く続いています。
それでも昔は、一流大学から一流企業に入ることが簡単にできていました。なぜなら、OBや研究室とのつながりで、推薦のようにして一流大学から一流企業に入社することができるようになっていたからです。昔は、今のようにインターネットでの一括エントリーなどなかった時代ですので、会社説明会の資料なども、一流大学ならその名簿にしたがい、家に送られてくるようになりました。
最近ではインターネットによる情報収集やエントリー、採用試験の受験が求められていますので、そのような大学により差別することはなくなりつつあります。一流企業に限らずさまざまな企業で、一流大学の人でも所定の筆記試験などを受けないと受験できないという会社がほとんどです。”

COMMENT ON: 昔は一流大学から一流企業へ入社できました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です