Skip to content

大学教育における時間枠の見直しについて

“大学教育においては、90分単位の講義形式の授業が中心でしたが、最近では時間枠の見直しを掲げる大学も数多くあります。たとえば、少人数で行うゼミナール方式の授業や、集中講義やフィールドワークといったような、受け身の授業では身につけることのできない自発的な学習方法を取り入れることで、大学生にさまざまな力を身につけてもらおうといった取り組みが進んでいるからです。
大学教育において時間枠の見直しは、学部学科のなかの調整やシステムの変更、学生への周知など課題もたくさんあります。ですが、その大学が独自性を持ってよりよい養育をしていくためにも、時間枠の見直しに積極的な大学はたくさんあります。
そのため、受験生においては従来のように偏差値で大学を選ぶのではなく、さまざまな教育体制の中から、自分にあった大学を選ぶことができるようになります。
大学生の学ぶ力や生きる力を伸ばしていくだけでなく受験生のためにも見直しは推奨すべきです。”

COMMENT ON: 大学教育における時間枠の見直しについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です