Skip to content

大学教育に見直しは必要か

“小学校や中学校などの義務教育を経て通う高校で習ったことをより専門的に習うのが大学と言う場です。
国立であれ私立であれ、専門的に習うことは変わりません。
近年、文科省を中心に小中高で習う学習内容を大幅に変更することが話し合われています。
例えば、大学教育において英語や第2言語を選択することが必須の大学などがあります。
日本の英語教育では話すということがあまり重点的に行われてきませんでした。
しかし、小中高で英会話を今後重点的に習うようにするという話し合いがある為、大学教育をそれに合わせて高度な教育内容に見直しをする可能性もあります。
見直しはそれだけではありません。
総合大学の授業です。
総合大学では単位取得の中に学部以外の授業も取得することが求められています。
卒業単位の内約3割から4割近くを占めるとされています。
学部だけではなく幅広い知識を得るためにはそれは重要なことと考える学者もいれば、学部の授業を中心に時間をかけて学ぶべきだと考える学者もいます。
しかし肝心なのは学者や大学側の意見だけではなく、学生の意見も聞くことです。
学生にとって他学部の授業を受けることはメリットとなるのかどうか、それをヒアリングや学友会などの学生による組織などと協力することが必然的であると思われます。
大学教育は高度な教育現場です。
将来社会に出る子ども達に社会基礎や知識を与える場所である為、教育の見直しには時間をかける必要があります。”

COMMENT ON: 大学教育に見直しは必要か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です